スポンサーリンク

血沸き肉躍るアコギセッション! 押尾コータロー×DEPAPEPE×崎山蒼志ほか、ソーシャルディスタンス音楽動画の逸品3作品

Youtube『THE FIRST TAKE』チャンネル

コロナによる様々な活動の中、ミュージシャンたちのセッションや特別配信はどれも素晴らしくて。こういう人のつながりやパワーに触れられることだけはコロナのおかげなのかもなぁと思わざるを得ない自分です。

ただ、Youtubeでどれかを見出しちゃうと、延々と動画サーフィンしてしまうのが玉に瑕w

一発撮りにこだわった「THE FIRST TAKE」チャンネルは、プレー前の緊張感空気感も伝えさせてくれて、かつ心地いい曲を配信しているので、ぜひぜひいろんな方にもお勧めしたいチャンネル。

コロナの折には「THE HOME TAKE」という企画で、ミュージシャンが自宅やスタジオからの動画で一発撮りを配信してくれていて、これはまた「THE FIRST TAKE」とは違う、ちょっと素というかオフ側を垣間見させてくれる感じがまたエモいのです。が。

動画タイトル見ただけで「!?」となる

押尾コータロー×DEPAPEPE×崎山蒼志 – GUITAR SESSION(Cyborg~ONE~五月雨) / THE HOME TAKE

『押尾コータロー×DEPAPEPE×崎山蒼志 – GUITAR SESSION(Cyborg~ONE~五月雨) / THE HOME TAKE』

タイトルを見て「なんだと!?」と思わざるを得ませんこんなの。

ワクワクしながら再生すると、「あーーーすげーーーー」って語彙力がゼロになりますもう。「かゆ……うま……」とか言ってるうちに曲が終了してしまっていました。

アコギやっぱイイなあ。

おもわずむせる渋さ、織田哲郎「炎のさだめ」

そうそう、この記事を書いているともう一曲どうしても紹介したくなりました。

織田哲郎が装甲騎兵ボトムズ「炎のさだめ」を歌ってみた【オダテツ3分トーキング・アーカイブ】#織田哲郎Youtube #むせる

ボトムズの「炎のさだめ」。「ウドのコーヒーは苦い」という次回予告のフレーズまで脳内によみがえってきそうな雰囲気&男くささ。もう、最高としか言えないっす。最後の決め台詞までお楽しみください。

スターダスト☆レビュー ソーシャルディスタンス☆アコースティックライブ「39年の感謝を込めて、リクエスト大作戦!」

スターダスト☆レビューも、コロナ中に分割画面による動画をいち早く配信されていたアーティストです。スターダスト☆レビューが、5月に生配信した無観客スタジオライブのダイジェスト版が6月22日に公開されました。47分もあるよ!

スターダスト☆レビュー ソーシャルディスタンス☆アコースティックライブ「39年の感謝を込めて、リクエスト大作戦!」ダイジェスト版!!

もっともっとおススメを紹介していきたいところですが、今回はここまで。全部聞いたら1時間こえちゃいますからねぇ。

あなたのオススメのYoutube音楽動画あったら、ぜひ教えてくださいませませ。

では、また。

コメント

おっさんNEWS
タイトルとURLをコピーしました