スポンサーリンク

明和電機、4年ぶりのニューシングル『SUSHI GO!』発売! 同時に寿司型電子ガジェット『SUSHI BEAT』も発売!!

4年ぶりのニューシングル『SUSHI GO!』

明和電機は3日、4年ぶりのニューシングル『SUSHI GO!』のサブスク配信と寿司型ガジェット『SUSHI BEAT』を同時に発売しました。

『SUSHI GO!』

SUSHI GO!
SUSHI GO! "SUSHI OSHI KUN Ver."

『SUSHI BEAT』

What is SUSHI BEAT?

SUSHI BEATは、寿司型電子ガジェットです。寿司をにぎるように本体を持ち、上部のスイッチを入れると、録音した音声がループで再生され、同時にLEDが光ります。四つのSUSHI BEATはそれぞれ音色がことなりますが、テンポと音程を合わせているので、適当に押すと、まるでDJのようにアンサンブルができます。また、さらに練習をすれば、明和電機のニューシングル「SUSHI GO!」を演奏することができます。

このようにSUSHI BEATは、スイッチを入れて自由に音を出す「楽器」の特徴と、明和電機の新曲も聞くことができるという「音楽プレイヤー」の特徴を持っています。それについて明和電機は「楽器とレコードの中間を目指して作りました」と説明しています。

プレスリリースより

『SUSHI BEAT』の配信は、iTunes/Spotify/Apple Music/Amazpn Musicなどので配信されます。また『SUSHI BEAT』は明和電STORES、代官山蔦屋ネットショップ、Amazon(予定)、明和電機秋葉原店などで販売されます。

『SUSHI BEAT』にはみっつのグレードアがあり、ビギナーモデルの『NAMI(並)』が4つセットで3,800円(税抜き)、アクリル切り出し光造形3Dプリンター出力の『JOU(上)』が各4,000円(税抜き)、ヴィンテージのアクリルやロゴをネタに使用したという『TOKJOU(特上)』が各5,000円(税抜き)。

さらにオリジナル『SUSHI BEAT』の制作サービスも発表。音源データとパッケージデザインを入稿し、100個からの受注生産を行うというもので、ノベルティやイベントグッズなどに利用できるといいます。

MaywaDenki
明和電機の工場直売ショップです。
代官山 蔦屋書店【店舗TOP】 | Yahoo!ショッピング
代官山 蔦屋書店からコンシェルジュ厳選商品等を24時間購入できます。 さらに代官山 蔦屋書店独自の特集や雑貨・本を組み合わせた商品フェアを随時開催中です。

コメント

おっさんNEWS
タイトルとURLをコピーしました