スポンサーリンク

制限だらけで伝わりにくい……auの新料金プランがSNSで炎上

SNS上で、auの新プランが炎上しています

話題になっているのはauが9日に発表した、携帯電話サービス「au」向けの新料金プラン『データMAX 5G with Amazonプライム』や、拡充される『auワイド学割』などの一連のサービス。

『データMAX 5G with Amazonプライム』は、各種割引を適用すると月額3,760円[税抜]から利用できるというもので、同プランはデータ使い放題プラン『データMAX 5G』(月額3,460円から)にアマゾン ジャパンが提供する有料会員サービス『Amazonプライム』(月額455円、年額4,455円)と動画配信サービス『TELASA』(月額562円)の利用料金が含まれているもの。

割引適用前の月額利用料は9,350円(税込では10,285円)。データMAX 5Gが割引適用前で8,650円ですので、それぞれを契約するよりも月当たり約300円ほどお得な計算となります。

さらに、これらのプランには『auワイド学割』として22歳未満を対象として「6ヵ月」間最大2,560円割引される『auワイド学割 U22 MAXプラン』などの学割も適用されます。

『auワイド学割 U22 MAXプラン』は、「データMAX 5G」「データMAX 4G LTE」系列のプランから、月額1,600円~2,560円を割り引くサービス。

学割と組み合わせると魅力的に見えるものの

家族割プラスやauスマートバリューなど各種割引をフルに適用することで『データMAX 5G with Amazonプライム』は、「6カ月間」月額1,600円、『データMAX 5G』は「6カ月間」月額900円で利用できます。

一件魅力的に見えますが、各種割引にはさまざまな制限※が設定されており、それらすべての制限を満たしていても6ヵ月以降は学割分の割引がなくなるため、いきなり数千円値上げされるような感覚は否めないところです。

さまざまな制限※
家族割プラス(4人以上)」「2年契約N★1」「auスマートバリュー(ご自宅のインターネットサービスなどのご加入が必要です。別途利用料がかかります。)」「スマホ応援割Ⅲ」「5Gスタート割」「auワイド学割 U22 MAXプラン」適用時 ※通話料(20円/30秒)など別途かかります。

先日docomoから、月額2,980円で通信制限が20Gまでという、新料金プラン『ahamo(アハモ)』が発表され、au、Softbankの発表にも期待が持たれた中での、制限や注釈が多く理解しにくい割引サービスの発表と、割引適用されない場合の9,350円という価格がシンプルに目についてしまう結果となり、結果SNS上では「#さよならau」「#au解約」というハッシュタグがトレンド入りする事態となってしまっています。

発表後すぐにauの新サービスの内容が変わることはないでしょうが、まだ沈黙しているSoftbankへも注目が集まることになりそうです。

おっさんは学割関係ないし

関連記事

携帯電話大手の広告表示を総点検へ 値下げ競争を促進 - ライブドアニュース
携帯電話料金の引き下げに向けた会合を終え、記者団に説明する武田総務相(左)と井上消費者相=9日午後、総務省総務省と消費者庁は9日、携帯電話料金の引き下げに向けてそれぞれの大臣をトップとした会合を開き、

コメント

おっさんNEWS
タイトルとURLをコピーしました